徳吉工業
TOKUYOSHI KOGYO LTD.

金属・樹脂部品/3Dプリント品のバレル研磨加工
エッジホーニング/ドロップレット除去/ドラッグフィニッシュ

Top エッジホーニング ドロップレット除去 ドラッグフィニッシュ BOXオーダー バレル研磨 3Dプリント品 動画 会社概要

バレル研磨でバリ取り・表面研磨

大量生産品のバリ取り

スナップリングR-9の研磨Before-After

切断や加工をおこなう事でできてしまう「バリ」。微細バリが脱落する事で、動作不良や接点損傷が発生してしまいます。
冷間鍛造,転造,プレス等の大量生産品でのバリ取りは、弊社では最も多くご相談をいただいております。
特に、手で保持できないような小さいワークは、バレル研磨法が最適です。
写真はスナップリング(R-9)の、研磨 before → afterです。

見積もりを依頼する

複雑形状品のR付け

自転車ディスクの研磨Before-After

ルータでR付けをしていますか?
複雑形状品をルータ工具などでR付けすると、作業者によってばらつきが発生する恐れがあります。形状を崩さず、均質なR付けも、徳吉工業のバレル研磨技術なら可能です。
写真は自転車用ディスクの、研磨 before → afterです。

見積もりを依頼する

バフでは困難な形状

ステンレスバネの研磨Before-After

例えばバネを研磨するとしましょう。
外側を研磨するのは簡単でしょう。しかし、内側も研磨したい、また素材ワイヤーのRを損なわないようにするのは困難です。バフが届かない様な形状を研磨したい、その様な場合はバレル研磨法が有効です。

見積もりを依頼する

量産品への対応

ブラケットのバリ取りのみの場合と光沢研磨の場合

ある程度の量産品となると、バッチ処理のバレル研磨法が効果的です。ワークが小さいほど、その効果が高いものになります。
写真の左はバリ取りのみの場合,
写真の右は光沢研磨の場合です。

見積もりを依頼する

会社概要

- ものづくりに欠かせない「バリ取り」「研磨」 -

創業以来この研磨加工受託に特化しております。
洋食器の町として有名な新潟県燕市で、先代はバフ研磨で創業しました。
鍋・ケトルの本体部分をバフ研磨しているうちに、それに必要なハンドル金具部分も研磨して欲しいという要望をいただくようになりました。小さくて複雑な形状になるとバフ研磨では非常に困難です。それらに対応するために有効な「バレル研磨加工」も始めました。この加工法の可能性を感じ、バレル研磨加工に完全にシフトしました。
長年培ったバレル研磨技術を応用し、従来の金属加工品だけではなく、3Dプリント品の研磨も開始し、お気軽ご依頼いただけるように見積なしの定額制研磨サービス「BOXオーダー」を展開。
2018年12月、「ドラッグフィニッシュ」加工を開始します。

社名:
有限会社徳吉工業
所在地:
新潟県燕市杣木1526
e-mail:
main@tokuyoshi-polish.com
営業時間:
8:30 - 12:00 / 13:00 - 17:30
休業日:

事務所がわからない場合